患者さまの許可を頂いたので、歯がぐらぐらの症例について報告したいと思います。

初診時には右上の前歯がグラグラで骨の支えが無い為、前に出てしまっていました。以前は普通に並んでいたそうです。

はじめに歯周治療を開始し仮歯を入れて歯茎の状態の改善をはかりました。

右上の歯の歯茎が引き締まって少し下がっているのが判ると思います。

その後前に出てしまった歯を元に戻す為、矯正装置を使いました。

s-DSCN2366

その後、さし歯を製作し両サイドのしっかりとした歯と固定しました。

写真には写っていませんがさし歯の両サイドに細工をいれて固定をしています。

s-1 066

最後に、左上の歯が神経をとってしまった為変色が著名であったので歯の内側から漂白をし終了としました。ほぼ色調を同じにする事ができました。

s-CIMG1108

この症例でのポイントは3つです。

一つは歯周矯正

グラグラになり動いてしまった歯を元の位置に戻す治療で通常の矯正に比べて早く終わります。(今回のは1ヶ月で終了)

二つめは永久固定

グラグラの歯でもキチンと歯周治療をして連結する事によりしっかりと噛む事が出来るようになります。

三つ目は歯の漂白

神経をとると歯が変色してしまい脆くなってしまいます。今回は残っている歯が多いので歯の漂白で対応した。効果は上々でした。

これからはブログで症例も報告していこうと思いますのでよろしくお願いします。