セラミックの症例で重要なメッセージが含まれた症例があったので報告します。

患者さんは数年前に前歯のラミネートベニア(歯の表側の表面を少し削りつけ爪のようにセラミックを貼り付ける物)で治したそうです。

前から見ると凄くキレイなのですが、裏側がこんな状態です。

before

レジンという樹脂で詰められているのですが、その内側で虫歯が拡がっています。

患者さんは中の虫歯が進行して痛みがでたり、歯が欠けてきたりしない限りまず気がつきません・・・

今回は虫歯を除去してしまうとラミネートベニアでの修復は厳しいのでオールセラミックと呼ばれる全体を覆う形で修復しました。

after

見た目がもちろん重要ですが、歯を長持ちさせるには見えない所の治療こそが重要であることを改めて教えてくれる症例でした。

ではでは。