こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。
6月4日はムシバの日で各新聞でも虫歯予防についての特集がみられました。

その中で僕の出身である新潟県が15年連続 虫歯の本数が最小というニュースがありました。
中学1年生でなんと平均0.48本という脅威の数字です!
僕が中学生の頃なんて虫歯なしで表彰される子が数人いる程度だったのに驚きです。

これは学校でのフッ素洗口の効果が確実に出ている事を表しています。
新潟県では弥彦村を中心に学校でのフッ素洗口が普及しており
徐々に広まった結果がこの値と言う事です。

フッ化物に関しては賛否両論ありますが、
フッ素塗布やフッ素洗口は飲み込まないように吐き出しますし
歯科予防先進国のスウェーデンでは水道水にフッ化物を利用したフロリゼーションを行なう事で
虫歯予防をしているので当院では虫歯予防の為の処置としてフッ素を取り入れております。

虫歯ゼロの時代が来る日も近いです!