こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

新聞で良く紙面を賑わせている「働き方改革」当院でも色々な取り組みをしているのでご紹介します。

まず夏休み 当院では5日付与されるのですが、医院で決めた休診日ではなく各自が7〜9月の間に取得するシステムになっています。盆休みに連続して取得するも良し、分散して公休日と合わせて連休を取得するもよし、シルバーウィークに取得するも良し、としています。ただスタッフの補填が効かない場合は難しい場合もありますが、それぞれのスタッフが助け合ってやりくりして貰ってます。個人的には人混みや渋滞を回避したいので、自分は9月に取らせて貰ってます。

ママさん歯科医師の勤務 産休、育休制度はもちろん、働くママさんを応援しています。当院ではお子様を産んでもまた働きたいといって勤務してくださる先生がいらっしゃいます。保育園のお迎えがあるのでその時間に間に合うよう短縮勤務も採用しています。

診療時間の変更 患者さんの利便性を考えると夜遅い時間までの診療が理想的なのですが、スタッフが集まりにくいのと、スタッフの疲労と健康を考えて、この4月に30分だけ早くしました。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

マルチタスク化 現在はやっていませんが、以前に外来の歯科助手と事務員の兼務で働いて貰った事があります。事務作業の忙しい時期は事務員として、外来スタッフが不足の時は外来の歯科助手として働いて貰いました。

チャット会議 現在、試しに導入してます。集まる手間や日程の調整、情報の共有、ペーパーレスを考えてミーティングの手間を省くために今後広げていく予定です。

今後は、他業種連携に向けて、地域包括のミーティングや、施設、ケアマネのカンファレンスに参加したりといった外部との連携を含めた働く場を提供出来ればと考えています。

医院の特徴や魅力をアップして働きやすい職場を提供する事で患者さんに還元していきます。

よろしくお願いします。