こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

この季節は学校の検診の紙を持ったお子様が良く来院されます。虫歯の疑いがあります、歯茎が腫れています、要注意の乳歯があります、歯並びの相談などなど

自分自身も大学病院にいた時は歯科検診をやっていましたが、一定の時間で何十人も診るので一人当たりの時間は本当に数分でこなさないといけません。ですので全体を精査するのは難しく、歯の溝が黒くなっているところは虫歯の疑いでとったりと疑わしいものはチェックされてしまいます。

実際に紙を持ってきて来院されると要観察の初期虫歯であったり、経過をみて良い場合が多くあります。当院では疑わしい場合はダイアグノデントという機械を用いて虫歯の精査をします。早期発見は重要ですが治療する必要のない歯を削るのは良くありません。ただ歯ブラシの状態が悪いと虫歯になってしまいますので、経過をみましょうと言われた場合はブラッシングを頑張るきっかけになりますので良い機会だと思ってしっかり磨いていきましょう。