こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

最近、前歯が根元で折れて来院する方が多いので原因について考えてみました。

何の治療もされていない天然の歯でさえ経年による磨耗や小さい破折など前歯でトラブルは起きやすいです。噛み合わせを考えると上の前歯が下の前歯に覆いかぶさるように当たっている事と歯の厚みが前歯は薄いため、強い噛み合わせの力が加わると負担がかかる事がわかります。

特に歯の神経を取った歯は脆くなっている為、そのリスクも高まります。

予防策としては出来るだけ歯の硬さと近い素材の土台を入れる事が重要になります。今までは保険診療では銀合金が主に土台の材料として用いられていましたが、現在ではグラスファイバーの素材も使えるようになってきました神経を取ってしまった歯は穴が小さい場合は樹脂による修復で済ませることが多かったですが、前歯の破折のリスクを考えるとしっかり芯棒となる素材を入れた方が良いと最近では考え方が変わってきました。それでも取れたり折れたりはするのですが・・・

あとはマウスピースの装着をお勧めします、夜間に無意識に歯ぎしりや食いしばりをしている方は来院されている方のお口の中を診ていると結構いらっしゃいます。ご自身で自覚はなくても歯医者さんで指摘された経験がある方は要注意です。

トラブルが起きる前に予防をしていきましょう!