こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。また検診ネタですが、初期虫歯で歯の表面が白くなってしまっている場合が良くあります。歯のエナメル質が酸によって脱灰されてしまう事により白くなってしまいます、歯が生えてきた時から白くなっているのはエナメル質形成不全と言って歯を作られる時に上手くエナメル質が作られなかったケースですので初期虫歯とは違います。

初期虫歯の部分は歯石取りのスケーラーと呼ばれる機械で振動を与えるだけでも簡単に欠けてきてしまうので注意が必要です、一度欠損してしまうと元には戻らないからです。ですので当院では出来るだけ触らないようにお掃除をして歯磨き指導をします。フッ化物やリナメルといったミネラル成分を補充する事で再石灰化を促す事ができます。

最近ではアイコンといった材料などで白い部分を削らずに目立たなくする事も出来ます(まだ導入しておりません・・・)白い部分は気になりますが、削る前に良く相談する事をオススメします。