こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。歯を歯周病や虫歯で下の奥歯を失ってそのままにして置くと、噛み合わせる上の歯が下に向かって伸びてくる事があります、また隣接する歯も失ったスペースに向かって倒れて斜めになってしまう事があります。数ヶ月の短期間でもお口の中の状態によっては動いてくる場合もありますし、全く動かないで維持出来ている場合もあります。

長期間そのまま放置した状態でいざ失った歯の部分に噛み合わせを作ろうと思うと、色々な問題が生じているケースが多いです。

上の歯が伸びてしまっている場合は、噛み合わせの面を揃える為削らないと駄目ですし、削る量によっては神経を取らないと駄目なケースもあります。

隣の歯が斜めになっているケースではスペースが無く、矯正治療でまっすぐに起こす必要があります(理想は・・)

ただ実際の臨床では理想的な噛み合わせにするためには莫大な期間と費用がかかってしまうため、上の歯は少しだけ削ってスペースを作ったり、隣の歯が倒れたまま処置する事もあります(放置するよりは良いと思って・・)

たかが一個の歯ですが、侮るなかれ将来的に色々な問題を起こす場合がありますので、抜いた後そのままにするのか、歯が動かないように予防的な処置をするのか、ブリッジやインプラントで噛み合わせを回復するのか、良く相談する事をオススメします。