こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。子供の時に比べて大人になるとグンと虫歯になるリスクは減少します。幼若永久歯と呼ばれる時期は虫歯になりやすくきちんとケアをしていないとすぐに虫歯になってしまいますが、永久歯がしっかり完成すると虫歯になりにくくなるからです。

大人になった時に特に虫歯になり易いのは歯と歯の間の隣接面と呼ばれる場所です。普段みなさん歯ブラシはしていると思いますが、歯間清掃用具と呼ばれるフロスや糸ようじ、歯間ブラシと行った清掃用具を使用してる方は少ないと思います。歯の汚れを染め出しすると分かりますが、歯ブラシだけでは間の汚れはほぼ取りきれていません、そのせいで間に虫歯菌が繁殖し間から虫歯が進行する事がよくあります。上から見ると一見わからないので見落とされがちで穴が大きくなってから欠けてくるケースが多いです。

そこで皆さんでも出来るセルフチェックがフロスの使用です!フロスを歯と歯の間に通してしっかり歯に沿わせてお掃除した時に糸がほつれたり、引っかかる場合は穴が空いていたり、詰め物に段差が出来ている証拠です。

通すだけではお掃除にならないのでシッカリ歯に当てるところがポイントです、毎回は難しいとは思いますがたまに通してあげると臭い汚れが取れてスッキリしますのでお使いになってない方は是非試してみて下さい。