こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

前回は矯正治療のお話でしたが、検診の紙でよくあるのが「要注意の乳歯があります」といった文言です。要注意の乳歯というのは大体が乳歯が抜けないで、永久歯が見えてきている場合を指します、永久歯が顎の骨の中で作られ、徐々にお口に出ようとして伸びてくると乳歯の根っこを溶かして乳歯が抜けるというメカニズムになっています。

永久歯がうまく真下から伸びてこないと乳歯が抜けずに、永久歯が頭を出してきます。この場合は放っておくと曲がって生えてきてしまいますので抜歯が必要になります。抜歯をした乳歯を見てもらうと大体溶けないで残った根っこが確認出来ます。良い位置に永久歯を誘導するためにも虫歯ではないからいいやと放置しないよう注意をして下さい。