こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

先日、歯茎がかなり腫れ上がっている患者さまが来院されたので、「血圧のお薬は飲んでいますか?」とお聞きしたところ降圧剤でカルシウム拮抗薬というお薬を飲まれていました。カルシウム拮抗薬は副作用で歯茎が肥大(腫れ上がる)作用があるので歯周病が進行した方は通常の腫れ方よりより大きく腫れてしまいます。降圧剤を変更出来れば良いのですが、難しい場合も多いので歯周病の治療を徹底して行うことで健康な歯茎を取り戻す事が出来ます。

歯周病の治療で最も大事なのはご自身で行うセルフケアです。歯茎の中の汚れを取って、歯茎を綺麗な形に整えても、毎日行う歯磨きの状態が悪いとすぐに元の状態に戻ってしまいます。血圧のお薬の副作用で歯茎が腫れる事はありますが、お薬を変更すれば良いという問題ではなく、歯周病の治療をしっかりやって、ご自身でのプラークコントロールをしっかりする事が重要です。

もし心当たりがある方がいらっしゃいましたらご相談下さい。