こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

新型インフルエンザが蔓延してきました、当院でも入り口で消毒液による手指の消毒を行っています。ご協力を宜しくお願いします。

最近、乳歯列期のお子様がよく来ていたので乳歯のお話をしたいと思います。

乳歯は生後半年位に前歯からはえ始め、大体3才で奥歯もそろい20本になります。その後は顎の成長により歯の隙間が開いてくることが多いようです。(たまに気にされてくる方もいますが、乳歯では正常でむしろ隙間が空いている方が永久歯がキレイにはえてきます)

はえ始めの時期はまだ歯ブラシは無理なのでガーゼや綿棒でふき取ることからはじめ、歯ブラシにまず慣れてもらうことから始めると良いでしょう。歯が全部そろう3歳くらいではまだ自分で磨けないので仕上げ磨きが重要になります。上の前歯の間、奥歯の歯と歯の間、溝は虫歯になりやすいので注意して磨きましょう。

乳歯の虫歯の特徴としては、永久歯に比べると弱いため一度なると急速に進行してしまう事、歯の神経の所まですぐに達してしまう事が挙げられます。小児は唾液も多く治療もし難いため虫歯にしない事が一番重要です。虫歯になってから歯医者さんに行くのではなく、虫歯の予防の為に行くという意識を持ってもらいたいと思います。

フッ素塗布は1歳半から行っているので、お気軽におこしください。

2009.09.03