こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

最近、なだぎ武が罹ってしまった歯根嚢胞、意外と臨床をやっていて見受けられる病気の一つです。

歯根嚢胞について話す前に嚢胞(のうほう)とはどんな物のことをいうのでしょうか?

嚢胞とは体の中に病的に作られた袋状のものです、この前にも症例で粘液嚢胞というのをアップしましたがアレも同じ嚢胞になります。

さて歯根嚢胞とはその名の通り、歯根(歯の根っこ)の先に出来てしまった嚢胞です。

原因は虫歯によるものが多く、よく神経を抜いてしまった歯に細菌が根の中を通り、根の先まで広がってしまうことで出来ます。

よく歯医者では「根の先に膿が溜まっていますね」という表現をすることが多いです。

小さい場合は根の中を消毒する治療で治ることもありますが、大きくなってしまった場合は摘出手術が必要になることも。

噛んだ時に痛い、違和感がある、歯茎が腫れたなどが主な症状です。

レントゲンで確認できるので神経を抜いた歯で上記のような症状がある方はチェックが必要です。

画像はレントゲンです。黒く抜けている所が膿が溜まっている所です。

s-X311-000001D3-4