虫歯予防デーと歯の健康

歯磨きする女性


こんにちは。
春日部デンタルクリニックです。

6月4日は「虫歯予防デー」でした。
この日は、1928年に日本歯科医師会が「6(む)4(し)」の語呂合わせから定めたもので、1939年からは文部省および厚生省の共同管理となりました。
毎年日本全国で歯や口腔の健康について意識を高める日とされています。

1955年には「歯の衛生週間(6月4日~6月10日)」として学校検診が行われ、全国的にその重要性が広まりました。
そして2013年には「歯と口の健康週間」と名称が変更され、現在に至っています。
この期間中、全国各地でさまざまな啓発イベントや活動が行われ、歯と口腔の健康の大切さが広く認識されています。

なぜ歯と口腔内の健康が重要なのか

歯や口腔内の健康を保つことは、生涯を通じて自分の歯で食べる楽しみを味わうためだけでなく、バランスのとれた適切な食生活を送ることにもつながります。
また、口腔内の健康は肥満や糖尿病などの生活習慣病の予防にも大きな役割を果たします。
歯や口の健康が全身の健康に与える影響は計り知れません。

定期検診の重要性

虫歯や歯周病は、初期段階では自覚症状が少ないため、定期的な歯科検診が大切です。
早期発見・早期治療を行うことで、歯の健康を長く保つことができます。

虫歯予防デーや歯と口の健康週間をきっかけに、普段の生活の中で見逃しがちな口腔ケアを見直す良い機会です。
当院では、歯科検診や歯みがき指導を行っており、皆さまの健康をサポートしています。