歯の寿命を延ばすための治療

根管治療


こんにちは。
春日部デンタルクリニックです。

歯の根を治療すると、ズキズキして眠れなかった痛みが取れたり、腫れの痛みがスーッと引いて楽になりますよね。
しかし、根の治療は永久的な薬を埋めるまでは終わりではありません!
皆様の歯を守るためにも、治療を途中で中断しないようにお願いします。

歯の根の治療について

歯の根の治療は、歯を抜かずにできるだけ長く使えるようにするため、歯の根についた細菌を取り除き、消毒してから薬を詰めます。
歯の根は0.5ミリ以下と細く曲がっていたり、枝分かれしているため、とても緻密な治療となり、数回に分けて行います。根の中を消毒したあと、無菌状態を維持するために薬剤を隙間なく充填します。

治療の中断をしないようにしましょう

治療回数が多くなるので、痛みがなくなったからといって治療を中断してしまうと、歯の寿命が大幅に短くなります。
根の中に細菌が残ったままだと、何らかの病気の原因となり激しい痛みが再発したり、最悪の場合、抜歯の処置が必要になる可能性が高くなります。
さらに再治療には時間も治療費もかかってしまいます。

まとめ

歯の根の治療は、痛みを取り除き、歯を長く使えるようにする重要な処置です。
しかし、治療を途中で中断してしまうと、再治療が必要になる可能性が高まります。
細菌の残存や病気の原因となるリスクもあります。だからこそ、痛みがなくても治療を中断せず、最後まで続けることが大切です。自分の歯を守るために、治療を完了させましょう。